ご挨拶

こんにちは。つながりのカウンセラー清田 直芳です。私は「つながり」こそが、 幸せに生きるために最も大切だと思っています。

私自身、以前は極度の人見知りで、なかなかつながりを感じられずにいました。

それでも、人と関わることが好きで、チラシ配り、居酒屋のホール、豆腐の引 き売り、介護職員などなど、色々なことをやってきました。お笑い芸人を目指 して、養成所に通っていたこともあります。

それらの経験で人見知りも改善し、介護現場での体験からカウンセラーを目指すようになりました。

心の深い部分を聴かせていただくと、実に多くの人がつながりを求めていることを実感させられます。

いじめ、引きこもり、心の病、隣人トラブルから戦争に至るまで、つながりさえあれば起こらない問題は数多くあります。

そして、人間関係以外でも「つながり」は重要なキーワードです。

例えば、過去、現在、未来につながりを感じることで、人生に意味を見出し、 意欲的に生きていくことができます。個人の内面でもつながりは重要です。頭 と心が対立することで、鬱になってしまったり、反対にキレてしまったり、こ のようなことは良くありますよね。

つながりが無く、孤独になっているのはとても寂しく、悲しいことです。つながりを感じられずにいるようでしたら、ぜひお話を聴かせてください。

気持ちが癒されることを、幸せに過ごされることを、笑顔でつながりを感じら れることを、心よりお祈りしています。